バイト先と学校にバレないキャッシング

おすすめ

やっぱりバイトの職場にはバレたくない!

職場だけじゃなく、学校にも親にもお金を借りているということを他の人には絶対にバレたくない!借りたことがまずバレることが無いカードローンやキャッシング業者はあるのか?当サイトではこっそりお金を借りたい方におすすめのキャッシングを特集しています。

アルバイトのキャッシング事情に迫る!!

日常生活を送っていると、思いがけない出費が重なりどうにもならないようなピンチに見舞われる事があります。

「貯金があったらなあ」「親族や友人が貸してくれたらなあ」「どこかからお金が沸いてこないかなあ」「臨時収入が入らないかなあ」等と頭を巡らし、解決する事が出来ればよいのですが、これらの方法も叶わずどうにも身動きが取れなくなった時、あなたならどうしますか?

何とか期日までにお金を工面する方法として、「キャッシング」という方法があります。「キャッシング」と聞くと比較的悪いイメージが先行しやすいですが、実は上手に利用する事でこのようなピンチをクリアーする事が出来る賢い方法である事をご存知でしょうか?

また「キャッシング」と聞くと「自分は正社員じゃないからたぶん借りる事は出来ないだろう」と諦めてしまう方も多い事と思いますが、実はアルバイトでも安定した収入があれば借りる事が出来るもの、そして中には収入のない人にも選択肢が存在するものである事をご存知でしょうか?

既にご承知の方にも、知らなかったという方にもこれから役立つ知識として今回はアルバイトのキャッシングについて詳しく調査してみたいと思います。

キャッシングとは?

まず初めに、詳細をお伝えする前にキャッシングとはどういうものなのかについて触れておきたいと思います。意味としてはカード等を利用してお金を引き出して借りる事が出来るサービスです。

一般的に「キャッシング」というと一括払いでの返済を指す事が多いですが、最近ではリボ払い(リボルビング払い)が可能な種類もある等、その意味合いは曖昧でもあります。また「キャッシング」と同様のサービスに「カードローン」というものがあります。

これはキャッシングとほぼ同じようにカード等を利用してお金を引き出して借りる事が出来るサービスです。但しこの場合の返済方法は分割払いである事が一般的です。このように返済方法により呼び名が異なりますが、通常キャッシングとして表す場合にはカードローンも含めた意味としてとらえる事が多いです。

ですからこれから調査していく「キャッシング」にはこの「カードローン」も含めたものとして【カード等でお金を借りるサービス】と考えて進めていきたいと思います。

消費者金融と銀行系のキャッシングの違い

キャッシングを利用出来る機関としては大きく分けて2種類に分かれます。1つ目は「消費者金融のキャッシング」、2つ目は「銀行系のキャッシング」です。この2つの最も大きな違いは、適用される法律の違いです。

消費者金融とは一般の個人に対し無担保で融資を中心に行う貸金業者の事を意味し、この場合は「貸金業法」が適用される事になります。一方銀行系では、融資・預貯金等の取扱い・資金の運用等の銀行業務を取り扱う為、「銀行法」が適用される事となります。

この法律により、貸金業法の「総量規制」の対象とされる消費者金融のキャッシングには、収入における3分の1までの貸付という制限が設けられています。これにより収入のない方、また収入の3分の1を超える貸し付けは出来ないと規制されています。

よって消費者金融のキャッシングは収入のない方は利用が出来ません。これに対し銀行法が適用される銀行系のキャッシングにはこのような制限はない為、収入のない方でも一定の条件を満たす事で利用出来るとされています。

キャッシング出来る場合と出来ない場合のそれぞれの理由

消費者金融のキャッシングと銀行系のキャッシングの違いを踏まえ、アルバイトでのキャッシングの出来る場合・出来ない場合について見ていきましょう。

キャッシング出来る場合

・ある程度収入が安定している場合は一般的なキャッシングは全て利用可能です。継続して雇用されていて毎月ある程度まとまった金額が入る場合には、審査もおりやすく利用の幅も広がるといえるでしょう。一定の収入により返済が順調に出来るとみなされる事が大きなポイントです。

・申し込む際、他の会社に複数利用申請を出していない場合には利用しやすいといわれています。多重債務でない事は審査の上で大きなポイントとなるようです。

・今まで他の金融機関等で信用情報に触れるような行い(※いわゆるブラックリストに載る事)をしてない場合には利用しやすいといえるでしょう。信用情報に掲載されている一定期間は利用する事は出来ません。

キャッシング出来ない場合

・アルバイトで収入があっても、短期であったり日払いのような単発の場合には、消費者金融のキャッシングの利用は難しいといえるでしょう。ある程度一定の収入が見込めない場合には返済能力が認められず審査がおりにくい可能性があります。但し銀行系のキャッシングでは本人に収入がなくても、配偶者に安定する収入が見込める場合には利用が出来る可能性があります。

・キャッシングを申し込む際に同時に複数の会社に申請を出す事は審査がおりにくいといわれています。多重債務になるようなリスクに繋がる可能性がある為、複数の利用は避けた方がいいといえるでしょう。

・これまでの金融機関の利用状況により、過去に信用情報に掲載される(※所謂ブラックリストに載る事)ような事実がある方は審査が下りない可能性が高いです。一定の期間を経過して信用情報が消えている場合はこれに該当しないといわれていますが、実際には経過後も借りにくいともいわれています。(※一定の書類を提出する事で可能な場合もある為、個々の金融機関に相談してみる事をお勧めいたします)

アルバイトが融資の審査を受ける際に必要なモノ

アルバイトであっても一定の収入のある方は、キャッシングの利用がしやすい事がご理解いただけた事でしょう。ではアルバイトの方が実際に融資を受ける場合、どのような手順を取るのでしょうか。まずは必ず「審査」を受ける事となります。そして審査を受ける為に必要な書類は次のようなものになります。

身分を証明する事が出来る「本人確認書類」となります。本人確認書類として一般的に有効なものが運転免許証・パスポート・健康保険証等ですが、利用機関によっては健康保険証だけでは認められない場合もあるといいます。また本人確認書類に記載された住所に問題がなければ通常はこれだけで審査を受ける事が出来ます。

≪その他≫
・本人確認書類の記載住所が異なる場合には「公共料金の領収証」「社会保険料の領収証」「国税又は地方税の領収証及び納税証明書」等が必要といわれています。

・一定の金額以上の借り入れをご希望の方は上記の書類の他に収入証明書として「給与明細書」又は「源泉徴収票」が必要とされています。

・更に給与明細書に住民税の記載のない方は、別途「賞与明細書」が必要といわれています。

・預貯金口座振替を利用する場合には、「口座を証明するもの」もしくは「口座の届出印」が必要といわれています。

キャッシングしやすいアルバイトとキャッシングが難しいアルバイト

キャッシングしやすいアルバイト

・勤続年数の長いアルバイトです。(継続している期間が長い事で、安定した収入を得てい
ると判断出来ます)

・独身で家族と同居しているアルバイトの方です。(資金に余裕があると判断出来ます)

・社会保険に加入しているアルバイトの方です。(社会保険の加入条件を満たしているという点で、安定した雇用であると判断出来ます)

・家族所有の持ち家に住んでいるとアルバイトでも有利になります。

キャッシングが難しいアルバイト

・短期や日雇いの単発的なアルバイトは審査に通りにくいといわれています。(ある程度継続している事が分からないと安定した収入があるとは認められない可能性が高いです)

・高齢である場合のアルバイトでは審査に通りにくいといえるでしょう。(利用機関により違いはありますが、一定以上の年齢の場合借り入れ条件を満たしていない為利用不可です)

・既婚者で同居の妻子がいる場合のアルバイトでは、審査に通りにくいといえるでしょう。(雇用形態・生活環境を加味した場合の返済能力としての判断となります)

・雇用先の経営状況が悪い場合のアルバイトでは審査に通りにくいと考えられます。(リストラや経営縮小する場合、正規雇用でないという点で不安定であると判断される可能性があります)

アルバイトがカードローンを作るメリット・デメリット

メリット

・一度カードローンを作っておくと、次に必要になった時にいつでも手軽に利用する事が出来ます。

・アルバイトの場合、病気やケガ等で仕事を休むとその間の収入は保証されません。どうしても困った時に利用出来るという点で、カードローンを作っておく事はメリットといえるでしょう。

・銀行系のカードローンは比較的金利が低く設定されています。収入面で不安のあるアルバイトにとって金利が安いという点でメリットといえるでしょう。

・大きな金額を返済するのはアルバイトにとって負担となりますが、カードローンの場合分割による返済方法の為、返しやすいというメリットがあります。

デメリット

・カードローンは、利用限度額の範囲内でいつでも手軽に借りる事が出来る為、借りすぎてしまうというデメリットがあります。アルバイトの場合一定の収入があったとしても常に安定しているとは言えない為、非常に危険といえるでしょう。

・返済方法が分割という点で、返済が長期化する事になります。これは収入が安定しているとは言えないアルバイトにとっては非常に危険といえるでしょう。

・返済期間が長くなればなるほど金利を払い続ける期間も長いことになり、結果として借りた金額よりも高い金額を返済しなければいけない事になります。収入面を考えるとアルバイトにとってデメリットといえるでしょう。

お金を借りる事を勤務先にバレないようにする事は可能なのか?

アルバイトであっても、審査をする上で勤務先にばれるという事はありません。一般的な審査の内容として一定の収入がある事を確認する為に、本人在籍の有無の確認が入る事がありますが、その場合であっても内容に触れるような事はありません。(※返済が滞ったり、連絡が取れない等の不備がある場合には事情は異なります)

短期や日雇いのアルバイトでもキャッシングは出来る?

・消費者金融での利用は、基本的に一定の収入がある事が条件となる為、短期や日雇いのアルバイトの場合は審査に通過する確率は非常に低いといえるでしょう。審査基準はそれぞれの会社により異なる為一概に断定は出来ませんが、職場の在籍確認や最低半年の継続雇用を一般的基準と考えると、やはり安定した収入という条件からは厳しいと言わざるを得ません。

・この他、派遣会社と契約しそこから短期や日雇いで派遣されている場合、その働き方が安定したものと判断される場合に審査を通過する可能性もありますが、固定した派遣先での継続勤務ではない為、確率は低いと考えておくとよいでしょう。

・例外として既婚者の場合であれば、配偶者に安定した収入がある場合に一定の条件を満たす事で、銀行系のカードローンの利用を検討する事が出来ます。審査の基準は消費者金融のキャッシングよりも厳しいといわれている為、実際に利用が出来るかどうかは利用する金融機関の審査次第といえるでしょう。

結果として、短期や日雇いのアルバイトの場合は安定した収入を証明する事が難しい為、借り入れは厳しいというのが現実です。なるべく預貯金で乗り切るか、もしくはある程度継続した雇用に切り替える事で選択肢を増やす必要があるといえるでしょう。

アルバイトの給料がまだ入っていない状態でもキャッシングは可能か?

審査の基準からすると、勤務の継続年数が多いほど審査に通過しやすいという事は事実です。しかしだからと言ってアルバイトを始めたばかりではキャッシングが出来ないというわけではありません。あくまで安定した収入が見込める事や、きちんと雇用されている事実が確認出来れば、十分利用の可能性はあるといえるでしょう。初めから短期の雇用であったり、継続して働く事が不可能な状況がなければ、予想する月収分から考えた見込み年収を記載する事で申し込む事が出来ます。

アルバイトの借り入れ限度額はいくらぐらい?

一般的な雇用形態として「正社員」以外の場合は、借り入れ限度額はあまり高くないと考えて間違いありません。初めから高めの金額の融資を希望すると、審査に通りにくくなるともいわれています。やはりいくら安定した収入があるとはいっても、社会的に安定していると断言する事が難しいアルバイトの場合は、およそ10万円〜30万円が相場といえるでしょう。月に平均して貰える給料にもよりますが、あまり多くない方は10万円程度と考えて間違いないでしょう。

注意したい点として、初めての利用がカードローンである場合には、利息の支払いを考え、キャッシング時よりも更に限度額は低めに設定されるといわれています。

アルバイトにお勧めの即日借り入れ可能な金融機関ランキング

1位、アコム

最短30分というスピーディーな審査でお勧めです。また最短即日借り入れが可能となっています。更にキャンペーンとして30日以内は無利子となる等サービスが充実しています。

>>アコムの公式サイトはこちら

2位、プロミス

審査時間最短30分、最短融資1時間という驚きのスピード対応でお勧めです。土日祝日であっても即日借り入れが可能な事や、30日間の無利息キャンペーンを実施している点でもお勧めです。

>>プロミスの公式サイトはこちら

3位、アイフル

アイフルでは誰にも知られずに手元にカードが届くという点で人気です。また審査時間最短30分、最短融資1時間というスピード対応でもお勧めです。更に30日間の無利息キャンペーンを実施しています。

>>アイフルの公式サイトはこちら

アルバイトに気を付けてほしいお金の借り方アドバイス

・アルバイトの方に最も気を付けていただきたい点は、どんなに借りやすいキャッシング(カードローン)であっても、借金である事を忘れないでほしいという事です。特に安定した収入があるとはいっても、いつ病気になったりケガをして仕事が出来なくなるかわかりません。そういった時に収入に保証のないアルバイトでは、安易に借金が膨らむ事は大変危険といえるでしょう。なるべく短期の返済にしたり、少ない借り入れに制限するなど、計画的な利用を心掛ける必要があるでしょう。

・アルバイトのように先々の安定が見通せないという点で、長期間の借り入れには注意が必要です。特に最近多いリボ払い(リボルビング払い)では、一回ごとの返済金額は低額で利用しやすいですが、その分借りた金額に対する利子が多くなる事、また長期間払い続けなければならない点で、計画が立てづらくローン生活から抜け出せなくなる恐れがあるといえるでしょう。なるべく短期の返済をお勧めいたします。

まとめ

以上が「アルバイトのキャッシング」に着目した調査結果でした。正社員でなくても手軽に利用が検討出来るという点では、もしもの時の安心材料として覚えておきたい内容でしたが、やはり社会的に見ると、アルバイトという雇用形態がまだまだ信用という部分で難しいといえる内容だったのではないでしょうか。

ある程度長期の雇用であったり、社会保険の加入条件を満たしている等、それなりに社会的に安定した成果のあるアルバイトの場合は別ですが、そうでない場合には利用出来るものの範囲が狭いという点でアルバイトのデメリットが目立つ内容でした。

収入が不安定である為に不足した場合に利用したいキャッシングですが、返済においても収入が不安定である為になるべく利用を避けたいのがキャッシングといえるのではないかと思います。ですからもし利用を検討する場合には、くれぐれも計画的に慎重に考えるとよいでしょう。

最新のエントリー一覧

お金についての失敗談
最近まで借金をしていた大学生男子です。借金をつくってしまった事を本当に後悔してい...

学生時代はよくお金を借りました
学生時代を思い返してみると、常にお金に困っていましたね。典型的な貧乏学生でした。...

エステで借金
私がはじめて借金というものを作ってしまったのは大学時代のことでした。大学2年にな...